ThinkPadのパーツ交換・何かのレビュー依頼・その他連絡についてはメールフォームからどうぞ

2020年10月30日金曜日

激安Ryzen機の後継: ThinkCentre M75q Tiny Gen 2の登場

 



 激安のRyzen搭載デスクトップとしてあまりに有名となった、ThinkCentre M75q-1 Tiny。
3万円台で4コアAPU搭載という反則的値付けが特徴でしたが、
ついにRenoir世代の後継モデル・ThinkCentre M75q Tiny Gen 2が販売開始してました。

 ここでは簡単にまとめたいと思います。

1.外観は?

・筐体がIntelプラットフォームの新世代モデル・M70q/M80qなどと同じになった。

フロントがより直線的デザインに、あと真っ黒

背面はほとんど一緒に見えるが、ちゃんと進化してます

2.中身は?

・こんな感じ。B500チップセット採用であれこれが進化してます。

ThinkCentre M75q Tiny Gen2
大きさ横179mm×奥行き183mm×厚み34.5mm
対応CPU※Socket AM4 APU(TDP35Wまで)
Ryzen 3/5/7の企業向けAPUが選択可
Ryzen 3 4300GE/Ryzen 3 PRO 4350GE(4コア)
Ryzen 5 4600GE/Ryzen 5 PRO 4650GE(6コア)
Ryzen 7 4700GE/Ryzen 7 PRO 4750GE(8コア)
メモリDDR4-3200 SO-DIMM×2
(最大64GB)
GPUAPU内蔵 Radeon Vega Graphics
ストレージM.2×1(NVMe) ※2280対応、PCIe3.0×4接続
2.5インチ×1
ネットワーク有線×1(Realtek RTL8111FP)、
無線(M.2 2230)
入出力端子前面:
USB3.2 Gen2×1(TypeA)
USB3.2 Gen1 ×2(Type-C×1)
イヤホン・マイクコンボ端子×1

背面:
USB3.2 Gen1×2、USB2.0×2、
DisplayPort×1、HDMI(1.4b)×1、RJ-45×1、
※オプション端子×2
※DisplayPort ×2、USB3.2 Gen1×2、
またはUSB3.2 Gen1 Type-C(DP Alt対応)
DisplayPort、HDMI、VGA、シリアルから選択
付属品ACアダプター(65W、20V/3.25A、四角プラグ)、
その他構成による(キーボード、マウス、ダストフィルター等)

 大きい変更点はこちら。
  • Renoir対応……ついに8コアまで選択可能。
  • メモリ高速化……DDR4-3200。
  • USB3.2 Gen 2の追加、USB3.2 Gen 1の増加……実用性がアップ。
  • 内蔵HDMIが1.4bになっちゃった……退化してますが、実際はM75q-1 Tinyみたいに2.0相当でちゃんと60Hz出るのかもしれない。これは実機があればすぐ確認できそうだが、果たして。
  • 背面にType-C増設可……もうパーツセンターに電話しなくてもOK。
    ちゃんと4K60Hz出るようですし、USB3.2 Gen 1としても動くようなので
    タッチパネル付モバイルディスプレイにも好適。
内部のレイアウトについては、正直ほとんど変わってません。

3.販売は?

 直販で既にCTOできるようです。
価格は6コア(Ryzen 5 4600GE/5 PRO 4650GE)モデルで7万円くらいから、
8コア(Ryzen 7 4700GE/7 PRO 4750GE)モデルで10万円くらいから。
もちろん、あれこれ削ればもう少し安くはなります。

 しかしまあ、オタクの私達が求めるのはバラマキに決まってるので(ひどい)
例によって大変安くなるモデルが出るのを待つほかありません。

→と思ったら、もう既に安心と実績のkakaku.com限定パッケージがあったようです。
なんとRyzen 7 PRO 4750GE入りモデルで、最安5万円未満
Ryzen 7 PRO 4750Gは単体で4万円オーバーなのに、頭がおかしすぎる。

 で、5万円を切るには以下をカスタマイズします。
  1. メモリ→4GBへ
  2. キーボード、マウスを外す
  3. スタンド、ツールレスを外す
 他のモデルも安いのですが、大差ないので8コアモデルを買った方が得です。
上記リンクから無線LANをつけ、必要ならType-Cを背面に付けても
5.5万円ですみます。またバカ売れの予感しかしない。

2020/10/31追記:上記からいじれる構成が変わってしまい(メモリが最低8GBとなった)、
最安値が6,600円高くなってしまいました。まあそれでも安いんだけど。

4.お役立ちリンク集


2020年10月25日日曜日

新しい同人誌『DeskMini H470/X300 バイヤーズ・ガイド 』を配信しました

 


 寒くなりましたが、みなさんはお元気でしょうか。筆者は最近新車を契約しました。
詳しいことは納車されてからまた書きたいと思いますが。

 それはともかく、今月はじめに発売された新しいDeskMiniシリーズである
DeskMini H470とX300に関する同人誌を出しましたのでお知らせ。
メインは前者で、後者は本当にさわり程度です。

2020年9月13日日曜日

Geforce RTX 3000シリーズ購入先リンク(海外)

 先日、新しいGeForce RTX 3000シリーズが発表になりましたね。
こういう新製品のビデオカードは、発売当初に争奪戦になるのが定番です。
欲しい人は発売日前から行動しなければなりません。

 そして国内だけでなく、海外にも目を向けていた方が入手しやすくなります(保証の面はさておき)。
ここでは、日本へも発送してくれる定番サイトである
米国B&HにあるRTX 3000系カードのリンクを置いておきます。

※必ずしも、これらを日本向けに発送してくれるとは限りません。ご注意ください
※商品が増えていた場合、気が付いたら追加していきます
※2020/9/13時点ではまだ予約もできませんが、メールでアラートは登録できます


[GeForce RTX 3090]

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3090 Trinity Graphics Card($1499.99)

MSI GeForce RTX 3090 VENTUS 3X 24G Oc Graphic Card($1842.10)

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G Graphic Card($1901.90)

Gigabyte GeForce RTX 3090 EAGLE OC 24G Graphics Card($1549.99)

Gigabyte GeForce RTX3090 GAMING OC 24G Graphics Card($1579.99)

MSIがとびぬけて高価ですが、他のブランドは割とMSRP($1499.99)に近い・
または同額だったりしますね。


[GeForce RTX 3080]

ZOTAC GAMING GeForce RTX 3080 Trinity Graphics Card($719.99)

MSI GeForce RTX 3080 VENTUS 3X 10G Oc Graphic Card($878.80)

MSI GeForce RTX 3080 GAMING X TRIO 10G Graphic Card($904.80)

ASUS TUF GAMING GeForce RTX 3080 10G Graphics Card($779.99)

ASUS TUF GAMING GeForce RTX 3080 O10G Graphics Card($799.99)

Gigabyte GeForce RTX 3080 EAGLE OC 10G Graphics Card($729.99)

Gigabyte GeForce RTX 3080 GAMING OC 10G Graphics Card($749.99)

同じ3080でもけっこう価格差が出ますね。グレードの差という感じですが……


[GeForce RTX 3070]

まだリンクはありません。10/15にリリースという話なので、もう少し先になりそうです。


[他のサイトはないの?]

・Neweggにも商品ページはいくつかありますが、すべて米国向けのページ(日本向けに発送してくれない)で、日本向けページにはまだありません。今後増えるかもしれませんが。

・Amazonもまだページがないようです(筆者が見つけてないだけかもしれない)。
また、Amazonは発売当初だと日本向けに発送しないことも多々あるので面倒です。
転送なり購入代行を使えばいいのですが、それだったら日本で買うわな。

2020年8月5日水曜日

旅行用ルーターを新調してモバイル用スイッチングハブをお役御免にした話



 COVID-19が猛威をふるってからというもの、旅行にはあまり縁がありませんが
以前は旅行の時に以下のようなアイテムを持って行っていました。

  1. ホテル用無線LANルーター(バッファロー WMR-433-BK)……
    客室の有線LAN経由で無線を飛ばす。
  2. 5ポートギガビットスイッチ(TPLink製)…上記ルーターとPCを接続
  3. その他(Fire TV Stick 4Kなど)

 1と2の組み合わせで、有線LANのポートさえ客室にあれば
どこでも同じ無線LAN設定を使えるのは魅力的でした。
さらに小さいので荷物になりにくい。とはいえ、複数のアイテムを持ち歩くのは
めんどくさいものです。
 そんな中、知らない間に両者を合体させたようなブツが出ていたので買ってみることに。

2020年7月19日日曜日

メインPCを更改した話

何気に単体24コアは初めて

 少し前に、Ryzen 5 3500入りのサブPCを組み立てたという記事を出しました。
ではメインPCはどうか?という話ですが、今回はちょうどメインPCを更改したので
その話をしたいと思います。

 実はこれもnoteで先に公開していますが、今回はもう少し中身を詳しく書いています。

2020年7月6日月曜日

サムスン純正・定格DDR4-3200 32GB UDIMMメモリ(M378A4G43AB2-CWE)が安い


 定格クロックがDDR4-3200のメモリも珍しくなくなり、
当然1枚32GBのモジュールもいくつか手に入るようになっていますが
以前筆者も買い物をした米国の memory.net が、つい最近
サムスン純正のDDR4-3200 32GBのUDIMMモジュールを売り出しました。

 型番は M378A4G43AB2-CWE で、1枚144ドル(2020/07/06現在、約1.55万円)。
まだ日本では出回っていないものです。
メモリチップメーカーの定格DDR4-3200 32GBモジュールに限っては、
日本ではCrucial(Micron)が先行してますが、これは1枚2万円近くするためやや高価。
こちらの方が送料・税金を考慮しても少し安い計算です。
正直どちらを使っても品質的には問題ないと思いますが、
ちょっとでも安く買いたいという方は検討してみてもいいかもしれません。

 購入はこちらから。

M378A4G43AB2-CWE - Samsung 1x 32GB DDR4-3200 UDIMM PC4-25600U Dual Rank x8 Module


 なお、筆者はつい最近DDR4-2933版
(M378A4G43AB2-CVF)を8枚揃えてしまったため、
今回は見送りました。無念。

2020年6月27日土曜日

はじめてZen 2世代のRyzenでPCを組んだ話



 ここ数年ブログをサボりがちな筆者ですが、リハビリ代わりとして
ひさびさに最近組んだ自作PCの話でもしていきたいと思いました。

なお、この記事はnoteに公開したものと同じです。